雨漏り

水が落ちる前に依頼

雨漏り

お家の天井から水滴が垂れてきたり天井にシミがあると、それは雨漏りの可能性があります。その際にはプロに雨漏り調査の依頼をして、しっかり補強をしてもらう必要があります。

Read More...

快適を手に入れる修繕

雨漏り

お家というのはリフォームやリノベーションを定期的に行なう必要が出てきます。リフォームなどを行えば、電気系統を増やすこともできるので、リフォーム前よりも生活が快適になります。

Read More...

費用とお家の特徴

費用はどのくらいかかるのでしょうか

雨漏り

雨漏りは屋根の老朽化だけでなく、屋根以外の部分の老朽化によっても起こってしまうもので、多数の原因が重なっていることがあります。この雨漏りに対して行う雨漏り修理は、修理する部分によって費用が異なってきます。防水処理部のコーティングのみで雨漏り修理が済む場合は、数万円〜10万円程度です。屋根補修で済む場合は20万円〜50万円程度で、屋根全体のリフォームは100万円〜200万円程度となります。さらに、雨漏りによって建物内部まで劣化している場合は塗装も必要となることもあり、この費用は100万円〜300万円程度となります。雨漏りを発見したら早めに原因を特定し、対策を行うことによって雨漏り修理の費用が異なってきます。

雨漏りしやすい家の特徴はあるのでしょうか

建物内部の劣化まで引き起こすことがある雨漏りは、できれば避けたいものです。以下に、雨漏りしやすい家の特徴やその理由について説明したいと思います。樹能面よりデザイン重視の家は雨漏りを引き起こしやすく、新築でも雨漏り修理が必要になってしまうケースがあります。また、屋根の形状が複雑な家は屋根のつなぎ部分が弱くなってしまうことで、雨漏りのリスクが上がってしまいます。さらに、スペースなどの関係で軒が短い場合は雨が吹き込んでくることがあり、そこから雨漏りが発生することがあります。バルコニーが雨漏りの原因になる場合もあるので、特にサッシまわりは雨漏り対策を念入りに行う必要があります。これらの特徴が当てはまる場合は、それに応じた対策を行うことで雨漏りを防ぐことができるので、しっかり対策を行いましょう。

塗装をしてお家長持ち

雨漏り

住宅は古くなるのでその際にはリフォームを行なうことが必要になります。また、外壁に関しても風雨の被害があるので、しっかりと外壁塗装をすることが必要になってきます。

Read More...